広島県民の皆様へ

知事不信任決議案を提出しました!

6月議会で知事に対する不信任決議案を提出しました。
知事自ら辞める意思がないのであれば、議会に残された手段はこれしかないからです。そして、賛成側の代表討論をし、議員の皆さんに最後の説得をしましたが、結果は賛成26名・反対39名・棄権1名で否決となりました。
多くの議員が知事は辞職すべきだと選挙中から訴えていました。しかし、その言葉とは裏腹に反対した方々が続出しました。私は裏切られた気分でした。いや、私以上に県民の皆さん、特にその議員に投票した皆さんはショックだったでしょう。たった3ヶ月で意見を変えてしまうなんて、政治不信になるのも無理はないなと実感しました。
これで広島県議会は全国最低の17%の支持率の知事を支持していることになってしまいました。県民の多くが辞めてもらいたいと思っているのに、議会は認めない。完全に民意とずれています。民意を反映させるのが議員の役割のはずです。是非とも県民の皆さんには今後も議員がどんな行動をとっているかをしっかりと監視していただき、民意とのずれが生じないような議会を目指して私も共に頑張ってまいりたいと思います。

賛成代表討論をしました!

広島県議会 平成19年6月定例会にて